Our story

スムージー&アサイーボウルとの出会い

仕事の関係でハワイで生活をしていた時、スムージーやアサイーボウルは とても身近なものでした。
テンションをあげたい仕事前、小腹がすいたランチタイム、ちょっぴり疲れた仕事終わりなど、一口飲めば、なんだか心も体も元気になって、チャージされる。休日には、ビーチでまったりした後に、サーフィンの心地よい疲れの後に。そんな風にいつでも身近にありました。

アサイーボウルは、それまでも食べたことがありましたが、とあるカフェでアサイーボウルを食べてから、その見た目のフレッシュさに感動し、体にぐんぐん 入っていくアサイーやフルーツのパワーを感じ、 私のハワイでのライフスタイルには、なくてはならないものとなりました。

それが始まりで、ハワイ生活中はフレッシュなフルーツをマーケットで買っては、自分で作るようになり、オリジナルレシピもどんどん増えていきました。

お店をやりたい!

それは、ハワイ滞在中のある日、突然のひらめきでした。
「日本でスムージーとアサイーボウルのお店をやりたい!テイクアウト専門で、気軽に立ち寄れる小さくてもみんなが喜ぶようなお店! そして場所は大好きな茅ヶ崎で!」

考えれば考えるほど、大好きな茅ヶ崎で、海の近くで、海を愛する人達に、フレッシュなスムージーやアサイーボウルで心も体も元気になってもらえるようなことが出来たらいいな。。。という 想いが強くなり、イメージはどんどん湧いてきました。

当初は小さな店舗をイメージしていましたが、ある日「車でやってみてはどうだろうか。」とアイデアが湧きました。 調べていくと、“移動販売”の存在を知り、それからは移動販売の魅力にひきこまれていきました。

なぜ移動販売?

移動販売の良さは、お客様との距離だと思っています。ただ作って、提供するテイクアウトのお店。 それだけでは何だか寂しい。

もっと地域に根付いた身近な存在で、 イベントなど人が集まるところに出店したい。 お客様との会話も近い距離で楽しむことが出来るスタイル。 移動販売は、私の考えにぴったりでした。

またハワイによくあるような移動販売は、日常的に様々な人に利用され ていて、そんな風景に溶け込んでいる雰囲気にも魅力を感じました。おまけに家賃もかからないし、店舗をもつよりはリスクも少ない。 想いは、確かなものとなり、それからは、移動販売を実現させるべく 動いて行きました。

デザインも親しみがあり、みんなを元気にするものに決定!そして子供から大人、女性から男性までみんなに愛される「スムージーちゃん」が誕生しました。

オープンまでは大変なこともありました。 でも、その過程でたくさんの出会いやドラマがあり、心強いサポートや アドバイスのおかげで、実現することができました。

移動販売から店舗へ

2013年4月、湘南、茅ヶ崎ラチエン通りに移動販売でスタートしたラチエンスムージー。

たくさんの皆様に支えられ、2014年8月8日同じラチエン通りに店舗をオープンさせることができました。移動販売ではメニューも限られ、天候や季節にも左右されることがありました。もっと皆さんが喜ぶようなメニューをたくさん増やしたい、天候や季節に関わらず、ゆっくり過ごせる、お店に来ると元気になる、いつも新しいメニューや新しい情報が得られる、そんな空間をつくりたい。。。そんな想いが強くなり、店舗を探し始めました。お陰様で移動販売でも常連のお客様やライフスタイルの1つとして食べに来て下さる方もいらっしゃった為、場所もあまれ離れたくなかったので、歩いて5分の今の店舗はぴったりでした。お店づくりは主人と2人で考えて、光が入り、風が抜けて、開放的で、気軽に入りやすいジューススタンドのイメージでつくりました。店舗になりお客様との会話やコミュニケーションがより増えたことがとても嬉しいです。

最後に

これからも『心と身体が元気になるメニュー、出来立ての美味しさにこだわりオーダーを頂いてから1つ1つ手作りを』をコンセプトに、多数のスーパーフードやオーガニック素材、旬の素材を使いながら、皆様に喜ばれるメニューやお店づくりを目指しています。

 

いつでも 美味しく召し上がっていただくために、ご注文を頂いてから1つ1つ心を込めてお作りしています。そして目でも楽しんでいただこうと美しいトッピングをする べく精一杯努力しております。稀に混雑時に少しお待ち頂くことがございます。その際には心苦しいですが、どうか温かく見守って頂ければ幸いです。

 

皆様にお会い出来るのを心よりお待ちしております。

2015年7月1日 店主